かぐや姫の物語

スタジオジブリ
イラスト 出典:みゃんまる 様

 

リンク用 URL:

 

かぐや姫の物語 アニメ無料動画

もくじ

――――――――――――――――――――――――

 
 
 
 

かぐや姫の物語 Wikipedia概要

スタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」のWikipedia(ウィキペディア)概要

かぐや姫の物語 概要

出典:スタジオジブリ 様

 

スタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」のWikipedia(ウィキペディア)概要

アニメ作品概要

『かぐや姫の物語』(かぐやひめのものがたり)は、『竹取物語』を原作としたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は高畑勲が務める。2013年11月23日に公開された。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。
高畑による監督作品は1999年の『ホーホケキョ となりの山田くん』以来、14年ぶりとなる。

日本のアニメ映画としては破格ともいえる、企画開始から8年の歳月と50億円を超える製作費が投じられた。技法面では、『ホーホケキョ となりの山田くん』で導入された、アニメーターの描いた線を生かした手書き風のスタイルが本作でも使用された。加えて、背景も動画に近いタッチで描かれ、両者が一体となり「一枚絵が動く」ような画面をもたらしている。
 

アニメあらすじ

昔、山里に竹を取って暮らす翁と媼がいた。早春のある日、翁は光り輝くタケノコの中から手のひらに収まる大きさの姫を見つけ、自宅へ持ち帰る。姫はその日のうちに人間サイズの赤子の姿へと変わり、翁と媼によって「天からの授かりもの」として育てられる。赤子の姿になった直後から生育が速く、半年余りで少女へと成長した。姫は、少年・捨丸をはじめとする近くに住む木地師の子どもたちから「タケノコ」と呼ばれ、自然の中で彼らと遊びながら天真爛漫に育つ。子どもたちが口ずさむ自然の営みをたたえる童歌を、幼い頃から姫は知っていたうえに、節と歌詞の異なるもう一つの歌も覚えていた。その歌を歌って姫は目に涙を浮かべるが、その理由は自分でもわからなかった。一方、光る竹から黄金(金の粒)や豪奢な衣を授かる体験を繰り返した翁は「天が姫を立派に育てよと命じている」と考え、「高貴の姫君に育てて貴公子に見初められることが姫の幸せである」と都に屋敷を建てて、秋に一家で移り住む。

姫は、翁が宮中から招いた女官の相模から「高貴の姫君」としての躾けを受けさせられる。相模の教える習い事の間は、姫は遊んだりふざけたりするばかりだった。しかし、翁などの前などでは相模が驚くほどにきちんと姫君としての作法をこなした。やがて姫は「なよたけのかぐや姫」の名を与えられ、成人儀礼(裳着)と披露目の宴が行われる。だが、酔った宴の客は翁に対し姫を侮辱する暴言を口にした。それを聞いた姫は屋敷を飛び出し、装束も脱ぎ捨てながら走り続け、肌着一枚の姿で故郷の山の家にたどり着く。そこの集落には木地師たちの姿はなく、出会った炭焼きの男から「木地師は10年はここには戻らない」と聞かされる。冬景色の「山は死んだのではないか」という姫に、男は「木々は我慢しながら春の訪れを待っているのだ」と答える。姫は、雪の中で行き倒れるが、気が付くと元の装束をまとって屋敷に戻っていた。

それ以来、姫はふざけなくなり、相模の教えに従い行儀よく振る舞うようになった。次の春、屋敷の前は姫を、妻などに迎えるという多くの男であふれた。ついには5人の公達(車持皇子・石作皇子・阿部右大臣・大伴大納言・石上中納言)が揃って求婚に訪れる。姫を珍しい宝物に例えて称える公達に対し、姫は自分を思う気持ちの証として、自分と比較された宝物をそれぞれの公達に持参するよう求めた。公達は唖然として引き上げ、相模も結婚を拒んだ姫に教えることはないと屋敷を去る。公達が帰ったのを見て、門前の男たちも姿を消した。これを喜んだ姫は、媼や侍女の女童を伴って花見に出かける。途中素晴らしい桜の木を見つけてその下に向かうが、そこで自分にぶつかった身分の低そうな子どもの家族が、平伏して許しを請い立ち去ったことに衝撃を受け、花見もせずに帰路につく。その途上、物盗りの疑いで追われる捨丸と偶然顔を合わせ、盗みに対する制裁の暴力を受けるのを見て、さらに悲しむのだった。

3年後、宝物を持参したと称する公達が現れたが、贋物であったり、姫の関心を引くために巧言を弄したことが暴かれる。宝物を得るために石上中納言が事故死したことで、姫は自らを責め悲嘆した。だが、御門はかぐや姫に「5人の公達を手玉に取る女」と興味を示し、宮中に招こうとする。命に代えても出仕しないという姫に、御門は忍びで屋敷を訪れ、姫を抱きすくめて連れて行こうとする。その瞬間、姫の姿はかき消える。おどろいた御門が叫ぶ呼びかけで、姫は姿を現し、御門は「次は自分の元に来ると信じている」と御所へと引き上げた。

この出来事以来、姫は月夜には一人で空を見上げるようになった。翁と媼が理由を問うと、姫は「自分が月から地上におろされた者」だと明かし、御門の訪問の時に無意識に月に「ここにいたくない」と助けを求めたため、「今月の15日には月から迎えが来る」と述べる。姫の幸せだけを願ってきたのにという翁に、姫は翁の願った「幸せ」が自分(姫)には辛かったと吐露するが、御門の来訪をきっかけとして自らの出自と地上に来た理由、童歌の意味、月に帰ることを思い出し、このまま月には帰りたくないと泣き伏した。

姫は媼に、月で以前地上から戻ってきた天人[注釈 1]が、「本当に待っているのならすぐにでも帰ってくる」という意味の歌(もう一つの「童歌」)を口ずさみながら涙するのを見た経験を語り、「今ならその天人の気持ちがわかる、自分ももう一度帰りたい」と話す。媼は、姫を他に知られないようにして、姫が拾われた竹藪のある故郷の山に向かわせる。ちょうど時を同じくして、山には成長した捨丸をはじめとする木地師たちが戻ってきたところだった。捨丸と再会した姫は、捨丸となら幸せになれたかもしれないが「もう遅すぎる、逃げられない」と語る。それでも「おまえと逃げたい」という捨丸に姫は喜び、二人は不思議な力で空中を舞い、手をつなぎ、抱きしめあった。だが空に月が現れたとき二人は離ればなれとなり、その逢瀬は捨丸には夢として認識される。捨丸は自らの妻子らのいる木地師たちのもとに戻っていった。

8月15日の満月の夜、武士たちが警備する翁の屋敷に、姫を迎える天人たちの一行が雲に乗って訪れる。天人は守りを固めていた者たちを未知の力で眠らせた。さらに、姫の正気を失わせ、その体を雲の上に招き寄せる。天人に勧められるまま地上の記憶を失う天の羽衣を着ようとしたとき、女童と子どもたちが歌う童歌を聞いて姫は正気を取り戻す。その間に翁と媼は姫のいる雲へと招かれた。姫は天人に羽衣をまとうことに今少しの猶予を請う。天人(月の王)はそれを黙認し、姫は翁と媼に泣きながら別れを告げた。「月に戻れば心が乱れることもなく地上の穢れも消える」と言う天人の女官の言葉に、姫は「地上は穢れてなどいない」と抗弁するが、姫のすきを見て、羽衣を着せられ、姫は一行とともに去っていく。去りながら、突然気づいたように、地球を振り向いた姫は、地球での生活の記憶を失ったはずであるにもかかわらず、目に涙を浮かべていた。
 

出典:かぐや姫の物語 – Wikipedia
――――――――――――――――――――――――

 
 
 
 

かぐや姫の物語 久石譲YouTube音楽無料動画

スタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」久石譲YouTube音楽無料動画

動画原本:Joe Hisaishi, El Cuento de la Princesa Kaguya:
動画作者:YouVHS 様
 

動画原本:いのちの記憶 かぐや姫の物語
動画作者:沈赤花 様
 

スタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」久石譲YouTube音楽無料動画

かぐや姫の物語 久石譲

出典:YouTube 様

かぐや姫の物語 久石譲音楽

→ かぐや姫の物語 久石譲YouTube音楽無料動画検索

↑ かぐや姫の物語に関連した、久石譲YouTube音楽無料動画の検索はこちら

※ リンクが開けないときは、「Shift キー」を押しながらクリックすると開きます。

――――――――――――――――――――――――

 
 
 
 

かぐや姫の物語 アニメ無料動画

スタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」のアニメに関連する無料動画

かぐや姫の物語 アニメ無料動画

出典:スタジオジブリ 様

 

スタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」のアニメに関連する無料動画

かぐや姫の物語 アニメ無料動画

出典:スタジオジブリ 様

かぐや姫の物語

→ かぐや姫の物語 YouTube無料動画検索

↑ かぐや姫の物語のアニメ映画に関連した、YouTube無料動画の検索はこちら

※ リンクが開けないときは、「Shift キー」を押しながらクリックすると開きます。

――――――――――――――――――――――――

 
 
 
 

かぐや姫の物語 DVD

スタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」のアニメを大切な家族や仲間と見るためのDVD

かぐや姫の物語 DVD

→ かぐや姫の物語 [DVD]

↑ 言語も字幕も、日本語と英語から選べる、かぐや姫の物語の映画、137分間のDVDです。

※ リンクが開けないときは、「Shift キー」を押しながらクリックすると開きます。

「姫の犯した罪と罰。」 スタジオジブリが描く真実(ほんとう)のかぐや姫

竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。かぐや姫の罪とは、その罰とはいったい何だったのか。本作『かぐや姫の物語』は、誰もが知る“かぐや姫”の筋書きはそのままに、誰も知ることのなかったその「心」を描くことで、日本最古の物語に隠された人間・かぐや姫の真実が描き出されました。

本作の監督は、「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』…日本のアニメーションの礎を築いた多くの作品を生み出したアニメーション映画監督・高畑勲。その高畑監督14年ぶりの最新作となります。既成のアニメーション映画の枠組みを超えた作品を生み出し続ける高畑監督のこだわりによって、デジタルならではの技法を極限まで追求した作品となりました。
 

かぐや姫の物語 DVD

→ かぐや姫の物語 [DVD]

↑ 言語も字幕も、日本語と英語から選べる、かぐや姫の物語の映画、137分間のDVDです。

※ リンクが開けないときは、「Shift キー」を押しながらクリックすると開きます。

出典:かぐや姫の物語 – Amazon
――――――――――――――――――――――――

 
 
 
 

かぐや姫の物語 アニメ無料動画

もくじ

――――――――――――――――――――――――

 
 
 
 

真矢 一輝(Itsuki Maya)

162,937 views

リリエル カンパニー(ЯIrIёL CoмpAйy)の真矢一輝(マヤ イツキ)が提供する、「スタジオジブリ アニメ無料動画」専門サイトです。 人生に悩み苦し...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧